離婚した時の結婚指輪の行方

離婚時の指輪の高価買取業者はこちら

 

 

 

今の日本は3組に1組が離婚している時代だそうです。世界主要国の離婚率を見てみても日本は第6位にランクインされているという驚きの事実があります。

 

そんな離婚率がかなり高い日本ですが、離婚した時の結婚指輪の処分方法はあまり他人に知られたくない風潮があるようです。

 

そこで離婚した時の結婚指輪の行方についてまとめてみました。

 

 

 

離婚する時に指輪を元夫に返す

離婚したら指輪はどうする?

今の日本は結婚指輪や婚約指輪は男性側から贈られる場合がほとんどですので、離婚時には元夫に返すというケースが多いようです。確かに日本のドラマには離婚を決めた奥さんが旦那のいない時にテーブルに離婚届と結婚指輪を置いているシーンをよく見かけます。実際同じ事をされたという方の話を聞くと結構精神的にダメージが大きいようです。自分がいない時に指輪を返されたらやはりショックですよね。。。まあこれは妻側からの復讐だと考えた方が良さそうですね。ちなみに法律では結婚指輪は返す必要はないとされているようです。

 

 

離婚する時に指輪を二人で壊す

 

一昔前の日本では考えられないのが離婚時に二人で指輪を壊すというものです。このスタイルは今流行っている離婚式での儀式の一つです。そもそも結婚式ではなく離婚式というのが存在している事自体カルチャーショックですよね。離婚後は後腐れなくいい関係でいたいという夫婦がこの離婚式を行うようです。喧嘩別れになった夫婦にはまずありえない事なのでご参考までに。

 

 

きっぱり捨てる

離婚したら指輪はどうする?

昔ながらの方法といえば離婚後の結婚指輪はきっぱりと捨ててしまうというものです。今もこの方法が一番ポピュラーかもしれませんね。指輪と共に夫婦関係もきっぱりと縁を切りたいと思っているのならこの方法が一番ベストだと思います。
でも予め高価な指輪だと分かっているのなら安易に捨てるのは非常にもったいないです。一度質屋にでも持っていって鑑定してもらってからでも遅くはありません。少しでもお金になるのならそのお金を新しい生活の足しにしても誰も文句は言わないはずです。

 

指輪をリフォームして再利用する

 

最近急激に増えてきたのが指輪をリメイクして再度使用するというスタイルです。なぜこのスタイルが増えたかというと、ダイヤがほどこされた指輪の場合すぐに売るよりもそのまま持っていた方が価値がある場合があるからです。この事もあってリフォームして自分の子供や大切な人に残したりするなど、決して損をしないように賢く立ち回っている女性が増えています。

 

 

指輪を買い取ってもらう

離婚したら指輪はどうする?

私がもし離婚する事になったら絶対買い取ってもらって綺麗さっぱり思い出にしてしまいます。でもそこまで高価なものではないのは分かっているので売ったお金でパア〜っと美味しい物を食べにいくくらいでしょうか。でも綺麗さっぱり使ってしまった方が後腐れなくていいですよね。
予めダイヤなど高価な指輪だと分かっているのなら少しでも高く買い取ってもらう所をはしごして回る事をお薦めします。鑑定士によっては査定額に数万円の違いがあるそうですし。。。最近ではプラチナなんかは溶かしたりして再利用している所も増えてきているので割と相場で買い取ってもらえる事もあるようです。いずれにせよ買い取ってもらう際は損はしないように抜け目なく段取りしておく事をお薦めします。

 

 

まとめ

離婚した時の結婚指輪の行方についてまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。一番お薦めなのは古い思い出はぱあ〜と売っちゃってそのお金を新しい生活の足しにする事です。
私の場合も結婚指輪は買い取ってもらってそのお金で美味しい物をお腹いっぱい食べる派ですが、やはり最終的には自分が後悔しない選択をする事だと思います。
新しい生活が明るく素晴らしいものになるように、結婚指輪の処分方法について参考にして頂けたら嬉しいです。

 

 

指輪買取のおすすめ業者はこちら